ホーム > 止水プラグ下水道カメラとは > 止水プラグ下水道カメラとは

止水プラグ下水道カメラとは

道路面を流れてくるため、土砂、動物の排泄物、肥料、除草剤、塵埃などによる汚染の恐れがあります。これに比べ、家屋の屋根、ビルの屋上、高架鉄道の軌道用地など集水先を特化して集水すると、空気中の窒素酸化物、酸化硫黄化合物、塵埃などの影響を受けますが、おおむね清浄な水が期待できます。

機能コラム⑨植樹帯散水・道路等の散水0.82%下水処理水の有効利用水資源の確保を目的として、雨水や下水処理水の再利用など、いろいろな水のリサイクルが実施されています。

止水プラグは鉛フリ青銅合金に樹脂コティングを施してあり耐久性耐食性に優れる。

給気式にはマスクにホースや送風機を接続したホースマスクや清浄空気のボンベを接続した空気呼吸器がある。その他大型空気ボンベやコンプレッサから止水プラグ下水道カメラとは圧縮空気を吸気管を通してマスクに送る。

膨大な調査データを元に独自の劣化予測を行うこととした。具体的には大阪大学パシフィックコンサルタンツ株との共同研究として統計的手法のつであ計画管理が不十分な面がありました。